関連記事

ここでは主要大会の結果等の情報を随時アップしていきます。


・兵庫リレーカーニバル (2019/4/21)

第67回兵庫リレーカーニバルは4月21日、神戸市須磨区のユニバー記念競技場で行われた。駒大勢の結果は、男子グランプリ10000m決勝に出場した伊東颯汰(3年)が29分45秒41の13位であった。この種目の優勝はBENARD Koech(九電工)で27分36秒24であった。


日体大記録会 (2019/4/20・21)

第269回日本体育大学長距離記録会は4月20日から2日間、横浜市青葉区の日体大健志台グラウンドで行われた。駒大勢の主な結果は、20日の10000m7組に出場した中村大聖((4年)が28分31秒65の8着、中村大成((4年)が29分04秒45の17着、1500m18組に出場した市澤長太(3年)が3分54秒99の15着、1500m16組に出場した蓮沼直希(2年)が3分57秒42の8着、21日の5000m20組に出場した小倉朝陽(1年)が14分17秒73の10着、5000m21組に出場した宮内斗輝(1年)が14分34秒72の22着、5000m18組に出場した小野恵崇(1年)が14分37秒44の10着などであった。

記録会の全結果は長距離競技会公式サイトを参照。


・かすみがうらマラソン (2019/4/14)

かすみがうらマラソン兼国際盲人マラソン2019は4月14日、茨城県土浦市で行われた。駒大からは10マイルに石川拓慎(2年)が出場し、49分32秒の5位であった。優勝はニック・ハーマン(オーストラリア)で48分10秒であった。


・大学対抗ペアマラソン (2019/4/14)

焼津みなとマラソンの第31回大学対抗ペアマラソン大会は4月14日、静岡県焼津市の新焼津漁港を発着点とするハーフマラソンコースで行われた。駒大勢は、神戸駿介(3年)・佃康平(2年)・大坪桂一郎(4年)の3人が出場。神戸が1時間04分38秒の7位、佃が1時間04分47秒の9位、大坪が1時間07分40秒の32位で、上位2人の合計タイムで順位を競うペアマラソンの成績は2時間09分25秒の3位であった。個人の優勝は名取燎太(東海大)で1時間03分04秒、ペアマラソンの優勝は個人で1〜3位を独占した東海大であった。


・世田谷陸上記録会 (2019/4/7)

平成31年度第1回世田谷陸上競技記録会は4月7日、東京都世田谷区の世田谷区立総合運動場陸上競技場で行われた。駒大勢の主な結果は、5000m7組に出場した伊東颯汰(3年)が14分05秒57の9着、中村大成(4年)が14分07秒06の11着、3000m5組に出場した小倉朝陽(1年)が8分17秒31の1着、酒井亮太(1年)が8分22秒43の4着、3000m4組に出場した小野恵崇(1年)が8分19秒20の3着、山野力(1年)が8分21秒16の4着、中島隆太(1年)が8分21秒52の5着などであった。


ホーム / 心の桃源郷「箱根」 / 駒大駅伝記録集