箱根駅伝速報

第94回大会の模様を速報アップしています。


 

往路

☆ 17:30 アップ

芦ノ湖畔は快晴の空が広がって、湖畔から富士山の姿が綺麗に見えました。ほとんど風のない穏やかな陽気で、寒さはそれほど感じられませんでした。往路ゴール地点には朝早くからたくさんの観客が詰めかけており、各スポンサーがグッズ等を配布するブースには長蛇の列ができるほどの盛況ぶりを見せていました。また、駅伝の模様を伝える特設の大画面テレビの前には人垣ができて、観戦を楽しむ光景が見られました。

芦ノ湖畔は快晴で綺麗な富士山を楽しめた ゴール付近はたくさんの観客が詰めかける

芦ノ湖畔は快晴で綺麗な富士山を楽しめた

 

ゴール付近はたくさんの観客が詰めかける

 

特設大画面テレビで駅伝観戦する人達 駅伝ユニフォームの展示

特設大画面テレビで駅伝観戦する人達

駅伝ユニフォームの展示

 
 

例年通り国道1号最高地点付近で観戦。トップで通過したのは東洋大、そのまま逃げ切って4年ぶりの往路優勝となりました。2位の青学大は前を行く東洋大との差を徐々に詰め、最高地点付近では約45秒、ゴールでは36秒にまで縮めました。駒大の大坪選手は後続の7選手に抜かれて約5分50秒差の14位で最高地点付近を通過。その後は落ちたきた選手を1人抜いて13位で芦ノ湖にゴール、優勝の東洋大からは7分32秒の大差、10位の中大からも1分43秒の差になりました。復路での挽回に期待しています!

最高地点通過 トップは東洋大 2位で通過する青学大

最高地点通過 トップは東洋大

 

2位で通過する青学大

 

3位で通過する早大 駒大は14位で通過 芦ノ湖ゴールでは13位に

3位で通過する早大
 

駒大は14位で通過
芦ノ湖ゴールでは13位に

 

復路

☆ 21:30 アップ

今年も例年通り7区国府津駅付近・9区保土ヶ谷駅付近・10区田町駅付近で観戦してきました。往路13位と大きく出遅れた駒大は、山下りの6区でも順位を上げられず苦しい展開。7区工藤選手は中盤以降苦しい走りになったものの何とか襷をつなぎました。9区堀合選手・10区伊勢選手は区間上位の好走で前を行くチームを追いかけましたが、10位と48秒差の12位で大手町へゴール、シード権まであと一歩届かない結果となってしまいました。

7区国府津駅付近を走る工藤選手 9区保土ヶ谷駅付近を走る堀合選手

7区国府津駅付近を走る工藤選手

 

9区保土ヶ谷駅付近を走る堀合選手

 

10区田町駅付近を走る伊勢選手 前との差を詰めていく

10区田町駅付近を走る伊勢選手

前との差を詰めていく

 


ホーム / 心の桃源郷「箱根」 / 箱根駅伝&陸上観戦